自分に合ったかつらを見つける方法は?

かつらはバレバレな人がたまにいるので、バレるというイメージが強い人も多いです。しかしかつらを利用している人は少なくとも100万人はいると言われていますが、そんなにかつらを利用する人は見かけないので意外とバレてない場合が多いです。昔は不自然なものも多くバレやすかったですが、最近では技術の進歩とともに自然な作りになってきています。なので近年では自分に合ったものをしっかりと選べば、バレる心配は少ないです。激しい運動などには向いてはいませんが、普通に生活しているうちにバレるようなかつらを使用している場合は粗悪品を使用しているか自分に合ったものを選べていないという場合がほとんどです。自毛とのバランスなど注意する点を守れば自分に合ったかつらを選ぶことが出来ます。

自毛とかつらの毛量のバランスを合わせる

かつらを使用している場合は必ず自毛との境目部分が存在しますが、そこの毛量のバランスが悪いと不自然に見えます。薄毛に悩んでいる人は毛量を求めて毛量を多くしたいと思いがちですが、自毛は薄くなっているので明らかにアンバランスでかつらを使用しているとバレてしまいます。毛を増やしたくてかつらを利用しているのではなく、薄毛を隠したくて利用している人がほとんどです。本来の目的を思い出して自毛とのバランスを優先して、毛量を自然になるように調節しましょう。また頭部を全体的にカバーするものよりも、薄毛が気になるポイントだけを覆うタイプのほうがバレにくいです。部分的なかつらを使用する場合はより自毛とのバランスが大切になってくるので、欲張らないように注意しましょう。

髪の毛の痛みやかつらの痛み方で違和感が出る

自毛をきつくカラーやパーマで痛んでケアしないと、かつらとの質感に違和感が出る場合があります。しかし自毛はカットしたりトリートメントなどでケアする人がほとんどなので、そこまでダメージが気になることは少ないです。問題になりやすいのはかつらのケアを怠ると痛みが目立ってくるという点です。かつらは自毛と違い新しく生えてこないので、痛んでいく一方です。かつらの部分だけパサパサで質感に違和感があると、バレる可能性が高くなります。ケアの方法は汚れを落とすためにシャンプーをする際に傷めないように力を入れすぎないようにし、トリートメントなどでコーティングもしっかりしましょう。また自分でもケアには限界があるので専門家にメンテナンスしてもらう必要もあるので、定期的に見てもらうようにしましょう。